平成30年第2回定例市会11月議会(12月4日分)永江一之議員・意見表明

2018年12月05日更新

平成30年12月4日の決算特別委員会において、永江一之議員(灘区)が意見表明に立ちました。

こうべ市民連合議員団は、平成29年度各会計決算及び関連議案を決算特別委員会に提出された附帯決議案のとおりの附帯決議及び下記の要望を付して認定、承認しました。

〈理由〉
 平成29年度決算は個人市民税の増加や「神戸市行財政改革2020」に基づく取り組みを着実に進めたことなどから、16億7800万円の実質収支の黒字を確保できたこと、また財政健全化指標は全ての指標において指定都市の上位程度を確保するなど、将来世代の負担軽減に向け着実に財政対応力を向上させていることについては評価いたします。
 しかし、市職員の職務専念義務違反いわゆる「ヤミ専従」の問題が発生し、現在、究明に向け第三者委員会において調査が行われているところです。今回第三者委員会からの中間報告を受け、決算特別委員会に対して平成29年度の不適正な給与支給額についての報告が行われましたが、決算特別委員会において調査対象の範囲が十分であるかを質疑し、平成29年度決算に関しては網羅されていることを確認できました。
 今後、第三者委員会の調査により早急に事実関係の全容を解明し、厳正な対応を行うとともに、既存制度の改革・強化を進めていくことなどを求めた附帯決議を付し、更に早急な労使関係の再構築を図った上で「神戸市行財政改革2020」の着実な実行に取り組み、「神戸2020ビジョン」に示された施策を積極的に展開され人口減少社会を克服していくことを期待し、決算を認定し関連議案を承認いたします。

◆要望事項
1.市民への防災意識の啓発について、さらなる工夫に努められたい。
2.災害時の対応については他局も含めて業務分担に努められたい。
3.来年から始まるスポーツイヤーを市民に発信し、機運を盛り上げるよう努められたい。
4.診断制度、事故救済制度とは別に認知症の方の運転免許返納促進の取組みも強化されたい。
5.病院・診療所及び介護保険施設等の医療・介護資源の位置関係を明らかにし、同時にそのデータについては市民や事業所の方も参考にできるようオープンデータ化するなどにより、地域包括ケアシステムの構築を図られたい。
6.今年4月の待機児童数の大幅増(332人)を踏まえ、様々な角度から分析・対策を検討し、来年4月のゼロを目指されたい。
7.家庭向け太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)の買取期間が平成31年度以降順次終了していくことを踏まえ、再生可能エネルギーに付加価値を付ける取り組みを進められたい。
8.都市のスポンジ化を防ぐためにも商店街の活性化支援について、さらに空き店舗対策に努めつつ、都市プロモーションの中で商店街の魅力発信を盛り込むなど工夫されたい。
9.「食都神戸2020」の取り組みについて、より多くの市民へ理解を求めることで、地産地消のライフスタイル確立に努められたい。
10.橋梁の長寿命化について、支障が生じる可能性があり、早期に措置しなければいけないレベル3の橋梁について、早急に対処されたい。
11.都市空間向上計画を推進するにあたり、市民へのより丁寧な説明に努められたい。
12.防災計画に高潮によるコンテナ流出対策を盛り込まれたい。
13.ポートオアシスの利用率向上に向けて取り組まれたい。
14.#7119の広報をさらに強化して、救急車の適正利用を促進されたい。
15.地下鉄通学定期の割引率拡大について、早急に検討されたい。
16.教員の業務量負担軽減のため勤務時間を分析し、補助スタッフ等、多忙化対策に努められたい。

~~~~
決算特別委員会の結果はこちら
DSCN6116-c.jpg

新着の定例市会

市会の予定

平成30年第2回定例市会

平成30年第2回定例市会の日程が決まりました。

【11月議会】(予定)
11月28日(水曜)  午前10時~
12月5日(水曜)  午前10時~
12月6日(木曜)  午前10時~
12月7日(金曜)  午前10時~

その他の委員会等については、こちらをご覧ください。
(※市会事務局のページへリンク)

ページの先頭へ戻る