ごあいさつ

私たちは、これからも市民生活と市民福祉の向上を目指す政策集団として、
みなさまと力を合わせて、政策提言・実現に取り組んでいく思いを新たに、
平成30年4月1日に会派名を「こうべ市民連合議員団」へ変更しました。

地方政治は、首長と議員がそれぞれ直接選挙によって選ばれることから
二元代表制と言われています。

その一翼を担う議会(議員)の役割は大変重要であり、
議会(議員)の政策提案・実現力が求められています。

私たちはこのことを十分ふまえ、調査委託や研修・視察調査を一体的に行ない、
本会議や委員会等で積極的に議論を展開していきます。

市民生活と市民福祉の向上を目指す政策集団として、
みなさまのご信頼を得るべく全力を尽くしますので、
叱咤激励はもとより、様々なご意見等をお寄せいただければ幸いです。

 

団長 藤原 武光

第7条 議会は、二元代表制の下、市長と対等で緊張感がある関係を構築し、多様な観点から政策決定を行い、並びに市長等の事務の執行に対する監視及び評価を行うとともに、政策立案に務め、独自の政策提案・提言を通じて、市民福祉の向上及び市勢の発展に取り組むものとする。

こうべ市民連合議員団について

市会の予定

ページの先頭へ戻る